TOP MESSAGE

代表メッセージ

人とテクノロジーによって

人々のこころが満たされる

社会を実現する

代表取締役

CEO

染谷 剛史

第3章
KMWが求める人材は
「 イノベーター 」
正直、履歴書上の経歴なんて、どうでもいい。

KMWが求める人物像を、一言で言うのであれば「イノベーター」であること。それが大きな条件です。なので、私自身は履歴書を重視はしません。

実際に会った時には「どんな失敗をして、どう自分を変えてきたか」とか「どういう価値観で、仕事に向き合ってきたのか」。また「僕らがやろうとしていることって、どんなふうに見える?」という話をよくします。なぜなら、それはKMWにとって、その人の価値観やこの事業への共鳴が大事だと思っているから。そこがないと、自分を変革してきたこともないのに、顧客に頭ごなしに「パラダイムシフトを起こしたい」って言ってもしょうがない。「こうなったらもっとこの業界よくなるんです」ってワクワクさせることもできない。それは、営業でも、カスタマーサクセスでも、技術者であってもそう。

KMWは「アプリをバラまいて儲けよう」ではないんです。「これによって世の中がどう変わるのか」っていうのを楽しめる人、そんな「イノベーター」と一緒に未来を作っていきたいのです。

時代が変わる瞬間、あなたには何ができますか?

今の時代は、明治維新みたいな時だと思っています。時代が変わる瞬間って見える人と見えない人がいると思っていて、その時代が変わる瞬間に「自分は何ができるのか」っていうことを考えられる人と仕事がしたい。だからそういう想いを持った人に来て欲しいんです。こんな面白い時代はないと思うから、一緒にこの時代を楽しみましょう。
そして、最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!

STYLE TOPに戻る>>>
PAGE TOP ▲