就労人口60%を占めるサービス業

ここで「輝く大人」をもっと増やすことで

子どもたちが憧れる「社会」を実現したい

執行役員 / コンサルタント

Consultant

新田光勇

Q1KMWに参画したきっかけ

僕、ずっと「子どもが憧れる社会」を作りたいと思っているんですよ。もう少し具体的に言うと、子供が「早く大人になりたい」と思う社会。そのためには輝く大人をもっと増やさなくてはいけない。それが、これまでアパレル業界やHR(ヒューマンリソース)領域で経験を積んでいく中で、明確になってきた私の想いでした。

KMWはサービス業に特化しているのが魅力でした。その理由のひとつは、日本の就業人口の約60%がサービス業。子どもたちが最初に触れる職業や学生の初めてのアルバイトも、ほとんどがサービス業だったりします。そこで社員、いわゆる大人たちを見て、「店長って辛そう」「大人になったらこんなに残業しなきゃいけないのか」と考えてしまう。そういう経験が、後々の就職活動に影響していくんです。

だから、KMWの目指す「サービス業を元気にしたい」っていう想いに、ガツンってきたんですよね。「輝く大人を増やしたい」って漠然とした想いって、ここで叶うんじゃないかって。しかも、そこに最先端の技術を織り交ぜて、これまで聞いたことのない日本初のビジネスモデルを実現するって、思わず身を乗り出す程にワクワクしちゃってね。代表の染谷と一緒に実現したい、その強い想いでKMWにジョインしたんです。

Q2現在の仕事を教えてください

主な仕事は、HRMコンサルティング。現在は、百貨店や多店舗サービス業向けの「人材開発」「組織開発」を目的とした「次世代リーダー塾」の企画運営を一手に担っています。サービス業界は、組織開発を含めて変革が求められる中で、たった1回の研修で変容できる訳がない。だからこそ、約1年をかけてリーダー候補者と向き合い、一人ひとりに変革を促すプロジェクトを提供しています。

一方で、サービス産業の約6割を占めるのはアルバイトやパートの方々。そうした人すべてに目を向け、変革を促すことは到底叶いません。それを改革できるソリューションとなるのが、KMWの「はたLuck®」です。

今後は「次世代リーダー塾」と「はたLuck®」を融合させ、最先端テクノロジーを用いた店舗マネジメントの提供など、社会の動向とサービス産業の変容、お客さま、先進技術など、あらゆる角度から自社サービスの進化を考えています。こうした活動も、私の重要な役割の1つです。

Q3どんな人材を求めていますか?

KMWはまだまだ始まったばかりのベンチャーですが、「サービス業をもっと元気にする」ための事業もプロダクトも明確になり、そこに共鳴して多くの支援者やお客さまがいます。あとは次のステージに向けたチーム作りが急務です。

ただ、私たちは闇雲に強みを持ち合わせた人を集めたい訳ではなく、KMWに集まっている理由って1つしかないと思っています。それは、同じ夢を見れるか、同じ世界を成し遂げようとしているかだけ。HRからITまで様々なバックボーンの人材が集まり、社会の抱く課題解決、自分の志、KMWのミッションが共鳴し合っているというのが1番いい状態です。

どうせ仕事をするなら、社会の課題を解決する仕事、ワクワクできる仕事の方が面白い。ぜひ、一緒に次のステージへ行きましょう。

TEAMメンバー紹介

PAGE TOP ▲